Translator's Diary

may3da.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

取り扱い注意!!

最近、NHKオンデマンドを利用し始めました。
ユーストリーム全盛のご時世にお金払ってテレビ番組のアーカイヴを見る…
なんという贅沢。

元はと言えば、先輩がTwitterで絶賛していた「ゲゲゲの女房」を見るためでしたが
NHKの質の高い番組が好きな時に高画質で見られて大満足!

月945円で見逃し番組見放題、というサービスを利用していますが
NHKスペシャルや私の大好きなETV特集、トップランナー、
龍馬伝などがガンガン見られて、仕事が進みません・・・
NHKの番組は質が高くて「ああ、見てよかった」と思えるから好き。

ちなみに海外のテレビ局は太っ腹なので見逃し番組は数週間に渡って
ネットでオンデマンド放送をしています。
でも残念ながら、日本からはアクセスはできません…

と思ってましたよね?

みなさんはHotspot Shieldをご存じですか?

この子をダウンロードして、Connectedの状態にすると
IPアドレスを偽装して日本以外からのアクセスに見せかけ、
規制されている海外のウェブサイトを利用することができます。

これも中毒性があるので非常に危険ですが、
やっぱり見てしまいますよね。時間がある時は。
いや、時間がない時も…

違法性の高い情報なのですが、実は仕事にも役立ってます。
つまり、自分の翻訳している番組をいち早く見て準備が出来るわけですね(言い訳)
でもアワードものの翻訳には本当に役に立ってるんですよ。正直なところ。

でもこれらのサービスを使ってみてわかったことは
“一度甘やかされるとオンデマンドでないとテレビは見ない”ということ。

(もちろん受動的な見方はしますよ、ボーっとテレビ見てるのも好きだし
たまたまやってた番組が面白いと得した気分にもなります)

クラウドの時代が本格的に到来し、
これからは「いつでもどこでも」が当たり前になっていくのです。
番組が見たいからと、放送時間にテレビの前に座る、なんてことは
私に言わせれば“ひと昔もふた昔も前の視聴スタイル”ですよw

最近はGYAOも昔みたいに長いCMが入らなくなってますし
古い海外ドラマも無料で見られますしね。
エンタメ制作者は一体どこでお金を儲ければいいのか?と思ってしまいますが
きっとビジネスモデルが変わっていくのでしょうね。とても楽しみです。

今日はオンデマンドおそるべし、のお話でした。
by may3da | 2010-06-29 02:21 | コンテンツ

街歩き

最近アウトドアにはまっています。

アウトドアと言っても、海や山へ行くわけではなく
東京で地味に街歩きです。

先週末は東京タワーにほど近いこちらのタイ料理屋さんへ。

e0097602_256629.jpg


美味しいと聞いて行ったんですが、期待通りでした。
辛くておいしかった~。
いい感じに汗かけるお料理です。
夏が近くなると辛いものが食べたくなりますねー。
先週は2回もタイ料理食べちゃいました。

テーブルに座るとすぐにサーブされる
お手製のえびせんべいも美味です。

e0097602_25883.jpg


そして帰りは芝公園から日本橋まで歩きました。
途中で見つけたインドカレー屋にて。

e0097602_33296.jpg


“かわいい人形!”とレンズを向けると、中に本物が…(笑)



あじさいがキレイな季節です…

e0097602_31638.jpg

by may3da | 2010-06-13 03:04 | 日記

最初の一歩

昨年の秋から英会話の学校に通っている。

理由はいろいろあるけど、第一の動機は
「将来映画の国際共同製作やりたいなら
英語力はないとダメっしょ」ということ。

そして英会話学校に通い始めて1カ月ほど経ったころ
NYUの学生映画のCo-Producerをやらないか、と
知り合いから声をかけられた。
勉強する前に実践の場を与えられちゃったのだ。

製作期間の約3カ月、学校はいったん休学。
でも毎日英語で話していたのでむしろ学校に行くより上達した。

製作を決めてからロッテルダムラボに応募。
製作期間中に“日本からの3名に選出された”との通知が届く。
クルーが日本を去って数日後、オランダへ。

これらの一連の経験を通じて学んだこと、
それは…「最初の一歩が大事」だということ。

いきなりゴールに達するのは難しいけど
最初の一歩を踏み出すと確実にゴールに近づく。
しかも最初の一歩は、ただの一歩じゃない。
その一歩がゴールまでの距離の2/3を占めていたりする。

ひとつの覚悟がいろんなことを引き寄せた。
これは多分、偶然じゃない。

思えば昨年の秋、英会話学校へ通い始めた頃は
国際共同製作がやりたい、なんておこがましくて人には言えなかった。

あれからいろんな出会いに恵まれて、
「いつか国際共同製作のプロデューサーになりたい」と言えるようになった。

目標ができたことで、目の前の仕事に違った視点で取り組める毎日に感謝。
by may3da | 2010-06-01 01:17 | 日記