Translator's Diary

may3da.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

近況報告

大変ご無沙汰しました。
3カ月も間が空いてしまいましたので、近況報告を少しばかり…

ずいぶん前に翻訳したテレビ映画「ガールフレンズ」のDVDが発売になりました。

ヤングの言語を訳すのに大変苦労しましたが、
とても楽しんで翻訳できたお仕事の1つです。
今すぐ、レンタル店へGo!(笑)

そしてこの秋は「NipTuck-マイアミ整形外科医」の第5シーズン
タイトルを改名した「NipTuck ハリウッド整形外科医」(お引っ越ししました)を
毎週1本のペースで翻訳しておりました。
第5シーズンは今までと比べてもかなり完成度が高く、本当に楽しめたシーズンでした。

翻訳以外のお仕事では、ある日本映画の海外セールス・配給を任され
現在アメリカの某劇場と交渉中です。
たかが1館で上映しただけでは何も変わらないかもしれないけど
海外でもっともっと日本映画が見られる日が来るといいな、と思っています。
「おくりびと」のオスカー受賞も追い風ですよね!

そして最もホットな話題としては、今月から
NYUの大学院生たちの映画製作のお手伝いをしています。

日本映画にインスパイアされたNYUの学生(監督)たちが現在日本で
映画製作に取り組んでいます。キャストは全員日本人、セリフもすべて日本語で撮ります。
撮影は12月~1月にかけて、11月はキャスティングとロケハンに取り組んでいます。

そして、このプロジェクトにボランティア翻訳者・通訳者を大・大募集中です!
何ならCo-Producerになって頂ける方も大・大・大募集中です!

正直、このプロジェクトの話を聞いた時「何て無謀な人たちだろう…」と思いました。
日本語を話せないのに、映画なんて作れるんだろうか、と・・・

でも彼らに会った瞬間、「これは、助けてやらねばならぬ」と腹をくくりました。
これこそ真の国際交流であり、今まで自分がやってきたことが
誰かの役に立つ機会だと確信したんです。(最近ボランティアに目覚めた私…)

それに何より、日本で日本語で映画を撮りたいなんていう奇特な若い監督がいるだけでも
何だか嬉しいじゃありませんか!!しかもNYUの超優秀な学生たちなんですよ!

すみません、また書いてて熱くなりました。

11月26日(木)に青山でボランティア翻訳・通訳希望者に向けた説明会を行います。
応募者の人数によっては昼と夜に行う予定です。
(時間は参加者の皆さんのご都合に合わせて調整します)

ご興味がある方、是非こちらまでメールをください!
may3da+gmail.com (+を@に変えてください)

お名前、ご連絡先(電話番号とメールアドレス、できれば携帯も)を
ご連絡いただければ、こちらから詳細をお送りします。

26日がNGの方にも個別対応可能ですのでその旨お知らせください。

それではまた告知になってしまいましたが…
どうぞよろしくお願い申し上げます!!
by may3da | 2009-11-23 00:38 | 日記