Translator's Diary

may3da.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アンケートにご協力をお願いします!

Happy Halloween!

というわけで、またまたご無沙汰してしまいましたが
昨日まで約1週間サンフランシスコに出張に行っていました。
商談のための出張だったので、緊張の連続でしたが
それなりの成果が得られたと思います。
このブログで良い結果がご報告できるように頑張ります!

前回ご紹介したiPodに接続するレコーダーですが、めちゃくちゃ重宝しています。
2回、3回と同じことを聞いていると定着率が確実に違います。
メモを取って読み返すより耳から入れる方が私には向いているようです。
もっと早く気づいていれば、人生が違っていたかも…本当に悔やまれます。

今学校で宣伝企画をやっているのですが
以下のアンケートにご協力をお願いいたします!

1、1か月に何回映画館に足を運びますか?
  1か月に1回以下の方は、何か月に1回映画館に足を運びますか?

2、あなたが映画館に足を運ぶきっかけを
  多いものから順番に3つまでお答えください。

A.TVCM(映画の番宣なども含む)
B.新聞・雑誌(インタビュー記事・広告など) 
C.著名人・専門家による映画批評(可能であれば具体的な媒体も)
D.興行成績ランキング(情報番組、日経エンタ、Yahoo!映画など)
E.ネット(映画の公式サイト、予告編を含む) 
F.ネット(ブログやSNS等による個人のレビュー、採点など)
G.友人や知人からの口コミ
H.映画館内での予告編上映
I. その他 (具体的にお願いします)

アンケートの回答方法

こちらの記事の一番下の「Comments」をクリックすると
メッセージを記入する欄が現れますので、そちらにお名前と
回答、削除用パスワードを記入して「送信」ボタンを押してください。
お名前の欄は「匿名」としていただいても結構ですし、
コメントを非公開にしたい場合は「非公開」コメント」にチェックを入れていただければ
コメントがブログ上に公開されることはありません。

来週の火曜日が発表になります。
皆さんのご協力をお願いいたします!
by may3da | 2008-10-31 13:07 | 日記

ICレコーダー

最近、講義や各種セミナーに顔を出すことが増えた。
気づくと、右手の中指に“ペンだこ”ができていた。
ペンだこ…何とも懐かしい響き。

几帳面に一字一句落とさないようにメモを取るきわめてA型的な性格と、
筆圧が異常に強いことが禍した。

おまけにどの会場も、机がないことがほとんどのため
PCを持参してタイプするのも困難だ。

そこで考えたのがICレコーダーの活用。
最近のものは多少離れた場所からでも音が拾えるという。
ネットで検索したところ、荷物の多い私に最適なものを発見。

これだ↓
e0097602_9102858.jpg

Logitec製LIC-iREC01

iPodに接続して使え、音源はiTunesで管理ができるすぐれもの。
さっそくアマゾンで購入(アマゾンが最安値で5500円の模様)。
これなら、iPodと別にICレコーダーを持ち歩く必要もない。
ただし、本当に小型なので(上記の写真はnanoに付けた時の図)紛失の可能性も大。
というわけで、今日の講義から使ってみようと思う。
by may3da | 2008-10-14 09:20 | 日記

ホラー映画

前回の更新が9月だったことに仰天。
最近、時がたつのが早すぎてマジ焦ります。

9月末には学校でプレゼンテーションがあり
コメディ映画の企画をやっていました。
私たちのチームが考えたアイデアは
舞台がホスピスだったのですが、一等賞はもらえず…
「死」を題材にコメディをやるのは難しいとの講評でした。
ギャップから生まれる笑いを目指したのですが、本当に難しいですね。

10月にはまたプレゼンテーションが予定されていて
次はもうすぐ公開になる映画の宣伝プランを考えるというもの。
先日シネカノンの試写室にてその映画「永遠のこどもたち」を見て参りました。
上質なホラー&ヒューマンドラマなのですが、
どうやって宣伝すべきなのか皆目見当がつきません…むむむ

自分ではなかなかホラー映画は見ないのですが、意外に好きかもです。
スペイン映画なので、見慣れてない分発見も多く
舞台となる洋館(孤児院)や海辺の映像がきれいだったのが
よかったのかもしれませんが、かなり手に汗握りました。

またホラーではありませんが、昨日WOWWOWで
アンドリュー・ラウ監督の「消えた天使」を見ました。
米国の性犯罪登録者監察官を描いた作品です。
こちらもヒヤヒヤドキドキの展開で、えぐいシーンも多いけど好きでした。

先日見たタランティーノの「デス・プルーフ in グラインドハウス」も
ラストシーンに爆笑。見たあとは気分爽快。
ちょっと自分のモラルを疑いました。
最近この手の刺激を受けてなかったから新鮮に感じるのか
それとも自分の中の凶暴性が目を覚ましたのか…

思い立って9月からWOWWOWに入会したのですが、
最近は、いつもなら自分では選ばない映画を見るのが楽しくて仕方ありません。
映画って、意外に途中からでも楽しめるし(見てない部分は想像に任せる)
もっと気軽に見ていいものなのかも、と思うようになりました。

秋は見たい映画が目白押しです。
ショーン・ペン「イントゥ・ザ・ワイルド」
ミシェル・ゴンドリー「僕らのミライへ逆回転」
スイス映画「マルタのやさしい刺繍」などなど…
ホラーは1つもないけどね!
by may3da | 2008-10-13 15:32 | 日記