Translator's Diary

may3da.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お仕事( 24 )

人生の節目

それはそれは長い8月が終わって、夏の疲れを引きずりつつ、9月に突入。
気づけばもう4日目だ。

今年の8月は人生の節目イベントがあった。
10年以上続けた映像翻訳スクールでの講師の仕事を卒業した。

思い返せばフリーランスになりたてで、ろくに仕事もなく、試行錯誤していた頃から
映像翻訳を教える、という大役を任されてきたわけだ。
教える仕事がなければ早々に路頭に迷っていたかもしれない。

教える仕事に頼らずとも生きていけるようになってからも
何となくこの仕事を続けてきた。ということは多分嫌いじゃないということだ。
でもずっと続けていたら次のステップには進めない、そう思って決断した。

スクールで教え始めた頃はとにかく、原稿のダメなところを徹底的にピックアップして
ダメ出しばかりしていたように思う。私がこのスク―ルに通っていた頃も
そういうスタイルの先生が多かったから、そんなものだと思いこんでいた。

しかし、何がキッカケだったか今となっては覚えていないが
あるときから講義のやり方をがらりと変えた。
“ダメ出し”をやめて“褒め殺し”スタイルへ・・・

悪いところを指摘されることを期待している生徒にとっては
何といい加減な講師だったか・・・この場を借りて謝罪します。
しかし、褒められた生徒は涙を流さんばかりの顔でこっちを見ている。

数回の授業で教えられることは限られている。
ならば、モチベーションをキープする手助けだけでも、と開き直った。
私の褒め殺しで少しでも励まされた人がいたらうれしい。

私は映像翻訳はこの世で一番素晴らしい職業だと本気で思っている。
趣味で映画の製作をやったり、たまに違う仕事に手を出したりするが
ほかを知れば知るほど、この仕事の魅力を再確認する。

映像翻訳は、才能ではなく、努力でどうにかなる。
才能のない私が言うのだから間違いない。
「諦めなければ道は開ける」自分を信じて頑張ってもらいたい。

このブログは「翻訳者に役に立つ情報を」をテーマにやってきたが
次回からはぐうたらな日々の記録とさせて頂きたい。

関係者の皆様、長い間本当にお世話になりました。
by may3da | 2012-09-04 16:02 | お仕事

腰痛対策

一日中パソコンの前に座って仕事をする翻訳者/ビジネスマン必見!
今月号の日経アソシエは「机術」です。

e0097602_1045567.jpg


机周りのレイアウトや仕事の効率アップ術などに終始せず
人間工学に基づいた机やイス、ディスプレイの高さなど
座業の皆さんが快適に作業をするためのヒントが詰まっています。
ぜひご一読を。
by may3da | 2012-08-26 10:46 | お仕事

Daily Yomiuri 連載

GW真っ只中、いかがお過ごしですか?
私はMTVのリアリティ番組翻訳に追われています。
1か月で12本納品の強行スケジュールです;

4月からDaily Yomiuriのコラム「From the Script」を映像翻訳者兼
映画ライター兼映画企画プロデューサーの柏木しょうこさんと共に
担当させて頂いております。

最初の3回は柏木さんが「裏切りのサーカス」を、
私は先週金曜日から3週連続で「ファミリー・ツリー」のセリフ解説をしています。
こんな感じ↓

e0097602_1521242.jpg



過去にも英語学習者向けの映画コラムを書かせて頂いたことはありますが
今回は初の名前出し!&初の新聞!!テンション上がります~。

まだまだ試行錯誤ですが、映画の素晴らしさを伝えられるような
楽しいコラムをお届けできるように頑張りますので
毎週金曜日はキオスクでDaily Yomiuriをご購入ください!わずか130円です!

柏木さんが3週、私が3週、という形で交代で書いていきますので
2人の視点の違いなどもお楽しみください。
柏木さんの美しい文章に負けないように私ももっと文章を書く癖をつけないと!
1年後、少しは成長したな、と思って頂けるように修行します。
by may3da | 2012-04-30 15:33 | お仕事

ジャカルタ

先週はインドネシアのジャカルタに4泊5日の弾丸出張に行っておりました。

インドネシアの人口はおよそ2億4千万人。
インフラが整っておらず、電車も走っていないので
交通渋滞がすごいのは有名な話。

帰国直後に日本人がバスから落ちて亡くなったというニュースもありましたが
バスから落ちて亡くなる方はとても多いそうです。
(何せパンパンに人が乗っていて、乗り口に扉は付いておらず、
人が車外に飛び出しているんですから…)

毎日渋滞がすごいのでビジネスマンはお抱えの運転手をつけて
車の中で仕事をしているとか。
私は車酔いがひどいのでタクシーの中ではあまり画面は見られず…
現地のビジネスパートナーさんとおしゃべりばかりしていました。

貧富の差によって生活が全く違う、という不思議な国で
お金さえあれば欧米と変わらない生活が送れる国だと思いました。
実際滞在中はずっとタクシー移動だし、レストランもカッコいいところが多かった。

インドネシア料理も食べましたが美味しかった~!
ガイドしてくださったパートナーさんがグルメな人だったので最高でした。

仕事で観光はゼロだったので写真がないのが悲しいですが
市場調査に行ったモールから撮った外の景色です。

e0097602_9332889.jpg

by may3da | 2011-10-11 09:34 | お仕事

VMA Tonight!

今夜、弊社で字幕を手がけたMTV Video Music Awards2011が
MTVジャパンで放送されます。

今年の主役は何と言っても、ジョー・カルデロン(Lady GAGAの Alter-Ego)。
その一貫したパフォーマンスは、彼女の信念さえ感じさせました。
一般的には不評だったようですが、個人的には楽しめました!

e0097602_9583764.jpg


19時~ Preshow
20時~ 本編

です。ぜひご覧ください。
by may3da | 2011-09-18 09:59 | お仕事

ナサニエル・カートン監督記事

われらがナサニエル・カートン監督の記事が
河北新報のウェブサイトにアップされました!

こちらから

監督はカンヌ滞在中に日本の2媒体から取材を受けました。
1つがこの河北新報で、もう1つは私も愛読しているフィガロ・ジャポンです。

これからも日本で映画を撮り続けるカートン監督を応援してください!

e0097602_8381784.jpg

シネフォンダシオン部門のアワードセレモニーにて・・・
by may3da | 2011-05-27 08:40 | お仕事

YOGA WITH YOU 発売開始

このブログでボランティア翻訳者を募ったチャリティアプリ
YOGA WITH YOUがiTunesのAppストアで販売が開始されました。

定価は600円。私も早速購入しました。

e0097602_9434416.jpg

YOGAを実践しない方でも楽しめる美しい写真と心にしみるメッセージを
ぜひご堪能ください。収益金はもちろん、被災者の皆さんに寄付されます。

そして今回の制作にご協力いただいた皆様、心から感謝いたします!!
by may3da | 2011-05-25 09:49 | お仕事

in Cannes

e0097602_2074017.jpg




e0097602_2072690.jpg

by may3da | 2011-05-22 20:04 | お仕事

シド・ミード氏来日

インダストリアル・デザイナーのシド・ミード氏が
アニメイベントに登壇されるために3月に来日されます。

シド・ミード氏のプロフィールはこちらから

とにかくすごい方で、彼の画集(と呼んでいいのでしょうか“ブック”でしょうか)を
見た時の驚きと言ったらなかったです。果てしなく“巨匠”だそうです。

そんな方の通訳ができるチャンスが巡ってきました!
というのはウソで、お付き合いのあるクライアントが逐次通訳を探しております。

かなり深イイ話をされる予定なので、
デザインが分かる方でないと話にならないということで
人選にかなり苦労されているようです。

もしお知り合いでこのお仕事にピッタリ!という方がいらっしゃいましたら
私までご一報いただけないでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

e0097602_2250897.jpg

By COCO
by may3da | 2011-02-23 22:52 | お仕事

よき先生とは?


以前このブログでも紹介したNHKオンデマンドをたまに見ています。
最近のお気に入りはトークショーなどをラジオのように耳で聞く視聴方法。

今日も深夜にたまった事務作業をしながら
ハーバード白熱教室@東京大学を聴きました。

e0097602_362947.jpg


最近書店でも平積みになっているのですっかり有名人の
ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の哲学の授業を収録し
NHKで放送されていたシリーズの東京出張版です。

あのサンデル教授が東大で「正義」の話をすると言うのです。

同時通訳で行われた授業でしたが半分以上のスピーカーが
流ちょうな英語を話していたのでこのために選ばれた精鋭たちなのでしょう。
でも、もちろん日本語で話す人たちもいて、より身近な話題だったので
今までのシリーズよりもより興味深く聴くことができました。
ちょっと偏ってたけど日本人の若者の意見が聴けたし
英語のレベルも分かったりして、いろんな発見がありました。

何より驚いたのは、同通が入っているにもかかわらず
そんなハンデを感じさせないサンデル教授の見事な講義です。

最近思うのは先生という職業は生徒の能力を“引き出す”仕事なんだということ。
忍耐強く、心が広く、頭の回転が速くなければ先生はできないなあ、と感じます。

そんな私も、“教える”という仕事に比較的長く携わってきました。
最初は英会話学校で英会話を教えさせてもらい、
現在も翻訳の講義を担当させて頂いています。

未熟者の私も“教えること”は“教わること”だと思ってやってきましたが
最近、そんな甘えた考えを改める機会がいくつかありました。

1つは8月から甥っ子と姪っ子に英語を教え始めたことです。
子供たちを飽きさせないように、毎回が真剣勝負ですが
これが予想以上に面白くて・・・ 教育の本をいろいろ読み漁っています。
さていつまで続くことやら。
by may3da | 2010-09-29 03:04 | お仕事