Translator's Diary

may3da.exblog.jp
ブログトップ

シーズン入り

1週間ぶりの更新です;

この1週間で変わったことと言えば、花粉シーズンが到来したことくらいでしょうか。
今年は私にとって実に30回目の花粉シーズン。
世間に“花粉症”ということばが定着するはるか前から
この煩わしい病と付き合ってきた私は、いわば“花粉症のエキスパート”です。

思えばこの30年の間に花粉症の治療法は大きな進化を遂げました。
子どもの頃はキツイ薬を服用できないこともあって
2日に一度は耳鼻科に通って治療を受けていましたから
今は随分とラクになったなあ、と思います。

アメリカから帰国後、久しぶりの花粉症に苦しんでいると、
とある耳鼻科で“いいものがあるよ”と言われて、注射を受けたことがあります。
この注射が効果てきめんで、そのシーズンは薬に頼ることなく
初めて日本の春を満喫することができたのを覚えています。

これはいいものを見つけたと、翌年違う病院に注射を受けにいくと
(後で分かったことですが、これはステロイド注射でした)
そこの先生はステロイド注射を“毒”扱いしておられました;
それ以来怖くなって一度も注射は受けていません。
でもあの効き目はすごかったなあ…

注射を諦めた後は、再び耳鼻科通いを余儀なくされたわけですが、
今から3年前、知人の薦めで花粉症のCO2 レーザー治療を受けました。
これは、花粉が付着する鼻孔の粘膜をレーザーで焼いて
花粉症の症状を和らげるというもの。おかげでこの3年は随分ラクになりました。

しかし今年は例年に比べて花粉の量が多いのか、すでに症状が悪化。
来週もう一度施術を受けに行こうと思っていたのですが、さっき電話をしたら
レーザー治療は花粉が飛び始める前にやらないと意味がないそうです(泣)
ちなみに私がCO2 レーザー治療を受けたクリニックはこちら

私の周りにも花粉症で苦しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。
翻訳のように集中力が必要な職業には“天敵”ですよね。
何か良い対策法があれば、教えてください!
by may3da | 2008-02-14 11:26 | 日記