Translator's Diary

may3da.exblog.jp
ブログトップ

お勧め本!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
っってもうすぐ2月ですが、1月もおかげ様で充実の毎日でした。
ありがとうございます!

先週、今週と映像翻訳を教えている学校での講義の第一回目を終えました。
めちゃくちゃ忙しない講義で雑談はできないのですが、
勉強を始めて3か月~9か月の生徒さんにお勧めの本があります。

それはズバリ「天才!」という名の本。

e0097602_23292879.jpg


勝間和代さん訳というのがちょいと気になりますが(笑)かなり面白い本です。
(私は原書(「Outliers」)で読みました。だから本当は原書がお勧め)
特に読んで欲しいのは第二章「一万時間の法則」です。
てっとり早く言えば「あることをマスターしようと思ったら1万時間やれ」というもの。

自分の経験を振り返っても、がむしゃらに翻訳の仕事に向き合った
若いころ(20代後半~30代前半)があったから今があると断言できます。

私は翻訳の学校に通ったあと、すぐに業界に飛び込もうと
華やかな(?)OL生活に別れを告げ、
通っていた学校の翻訳エージェントに勤め始めました。
昼間はエージェントの仕事、帰宅後は翻訳、もちろん週末も翻訳に充て
それはそれは社交性のない5年間を過ごしました。

エージェントの仕事をやって良かったのは、他人の原稿のチェックができること。
勤務時間中も翻訳に携わることができたので1万時間達成が速かったんですね。
ですからエージェントに勤めた5年で翻訳に1万時間を費やしました。
でもやはりあれだけの情熱がなければ成し遂げられなかったと思います。
あの頃の自分を振り返ると「どんだけ翻訳が好きなんだよ!」という生活をしてましたから。

翻訳学校に通い始めても途中で退学したり、学校を修了してもなかなか
トライアルに受からなくて志半ばに翻訳の道をあきらめる人が多いですが、
私はそのような皆さんに言いたい。
「まだスタート地点にも立っていませんよ」と。

まずは自分の人生すべてを捧げて1万時間を達成してください。
どのような手段を使っても構いません。
そうすれば「天才」にはなれなくとも必ずその道で食べていけるようになると思います。

確かに私は若く体力がある時にスタートしたのでタイミングも良かったと思います。
でも年をとっても自分のペースで1万時間達成はできると思います。

その他の成功の法則については、この本の他の章を読んでください。
とにかく「諦めるのはまだ早い!」
そう肝に銘じて翻訳の勉強を頑張ってもらいたいです。

ではでは、かく言う私はもう少しブログの更新頻度を上げることを目標として
今年も頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。
by may3da | 2012-01-27 23:47 | 翻訳